現在地から検索OK!全国の給茶スポットを網羅し利便性を向上【どこでもカフェ】

象印マホービン株式会社様

象印マホービン株式会社さまは「マイボトルがあれば、どこでも好きな場所がカフェになる。」をコンセプトに「どこでもカフェ」というプロモーションサイトを運営し、マイボトルを持つことによるエコなライフスタイルを発信しておられます。
弊社はwebサイト開設時から長年お手伝いさせていただいているのですが、2016年はどこでもカフェの活動開始から10周年を迎える記念の年ということでwebサイトリニューアルをご希望され、以下ご要望をいただきました。

  1. webサイトデザインの刷新
  2. コンテンツ内容の整理、統廃合
  3. スマートフォン対応

 

上記ご要望を踏まえてご相談を重ね、以下ご提案しました。

  1. 「エコ」「ナチュラル」「サスティナビリティ」といったポジティブなイメージをデザインで表現
  2. 主要6カテゴリに各コンテンツを集約して再配置し、シンプルなサイト構成で遷移しやすさを向上
  3. コンテンツ内容によって、レスポンシブwebデザインとスマートフォン専用サイトを併用

 

どこでもカフェスマホトップ

 

給茶スポットについては、以下追加ご提案しました。

  • カフェ30店舗に日本茶専門店120店舗を加え全150店舗と全ての給茶スポットを網羅し、給茶スポットを探すユーザーの利便性を向上
  • 給茶スポットの検索方法をユーザーニーズに則して複数用意し、利用率アップと利用頻度の向上を図る
  • 店舗管理にオリジナルシステムを構築し、管理や更新を簡便にして運用を効率化

 

これまでもスマートフォンから給茶スポットページへのアクセスが多かったことから「外出先で近くの給茶スポットを探す」というユーザーニーズを満たすべく「現在地から探す」の検索方法をご提案しました。

現在地から探す 画像

 

また運用面では、掲載店舗数が一気に150店舗と増えて更新作業の増加が見込まれたため、全店舗情報をcsvファイルに保存する機能を実装し、修正したcsvファイルを読み込んで全店舗情報をアップロードできる仕組みを構築しました。更新作業が一度で対応できるので、更新作業の軽減に寄与しています。

csvの画像

 

外出する時は、お茶を入れたステンレスボトルを必ず持ち歩いています。特に夏場はこまめに水分補給するので、すぐなくなってしまいます。

これまでは自販機やコンビニでペットボトルの飲み物を追加購入していたのですが、これからは「どこでもカフェ」にアクセスして外出先の近くの給茶スポットを検索し、プロのいれた美味しい飲み物をステンレスボトルに入れてもらうことができます。なんと素晴らしい体験でしょうか!

今回のリニューアルを通じて、多くの方々にこの素晴らしい体験をしていただき、どこでもカフェの活動がさらに広がれば大変嬉しい限りです。

マイボトルを持つというエコなライフスタイルを実践してはいかがですか?(中川)

 

▼どこでもカフェ | 象印マホービン株式会社
http://www.zojirushi.co.jp/cafe/