企業個展:難しい技術を一般の人に広める工夫

アドバンテスト様

4年毎に開催されるアドバンテスト様の個展。
お客様のテーマに基づき、コンセプトと空間演出のプランニング、各種プロモーションツールのデザイン制作から会場施工まで担当させていただきました。

main

 

今回の展示では、既に実用化されている製品群の出展はなく、メイン事業である半導体業界の枠組みを超えて未来に貢献する技術が紹介されました。あらゆる産業の技術者、ビジネスユーザー、学者、研究者、一般人、学生など、幅広い来場者がターゲットになることを想定し、アドバンテスト様のマザーテクノロジーである電圧・電流・時間を「はかる」技術を柱に据え、イベントVIを設定するとこからスタートしました。
テーマやコーナー名はもとより、技術を紹介する展示ゾーンにおいても、専門的なテクノロジーを解りやすく伝えることに注力し、構成、表現手法を考えました

VI

 

アドバンテスト様が持たれていた展示イメージは博物館。来場者のペースで見て、体感して頂くことが方針に挙げられました。説明員がいなくても自然な流れで回遊いただける遊び心溢れた仕掛けとして、展示ゾーンごとに実在する技術者を模したイラストレーションによる[技術研究ナビゲーター]に登場いただきました。

技術ナビゲーター

難しい技術をより多くの来場者様に理解頂く必要がありましたので、技術担当様に技術を解説いただいた後、コピーライターと共に誰にでも理解できる噛み砕いたコピーとイラストのよる作図、映像も交えながら構成しました。
KOP_0540

 

幅10m高さ6mのスーパービッグスクリーンを導入、プレゼンテーション、デモンストレーションと映像が一体となるステージによる迫力ある演出やパフォーマンスで楽しんで頂きました

KOP_0015 のコピー
KOP_0958 のコピー

 

会場には円形で囲われた空間に幅7m高さ4mの大画面を設けたシアターも設置。
アドバンテスト様が取り組まれているナノの世界観をリアルに体感できるナノテクノロジーショーを空間演出しました。

KOP_0305 のコピー

 

今回の会場は秋葉原駅前。買い物客も多く賑わう場所であるため、通行する人のフックとなるように誰もが楽しめる「はかる」技術をキーワードにした楽しいクイズゾーンを設置。
敷居の高い専門的な技術展のイメージが払拭され、週末はとても多くの方に立ち寄って頂くことができました

IMG_7424 のコピー

 

最後に感想…
展示会終了後、来場者すべてのアンケートを読ませていただきました。
イベント目的で来られた方、イベントを知らずに立ち寄った方、多くの方に展示内容を理解頂き、楽しんでいただけたことを知り大変嬉しく、集客目標の達成に心から安堵いたしました。
4年を経て再びお手伝いする機会を得たアドバンテスト様の個展。半年以上かけてお客様と共に展示を創り上げていく過程は計り知れないほど充実した時間であり、終了後にも喜ばしい成果を共有させていただき、今回もまた、とても印象深い仕事になりました。

保存

保存